スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

九州旅行(観光地編)その4

 2011-04-05
九州旅行も終わり、フェリーで別府国際観光港から南港に向け帰阪です。

このフェリーは瀬戸内海を航海する経路であり、途中は松山港だけにしか寄りません。
また朝方6時ごろには明石海峡大橋を通過するので、今回のブログ内容は明石海峡大橋を書きます。

IMG_0465_convert_20110404224809.jpg
こちらは、別府国際観光港(別府市街)をフェリー甲板から撮影した夜景です。
画像右側、市街地の真ん中に光が無い場所がありますが、その上側周辺に「地獄めぐり」する施設などがあります。

これだけを撮って、風も強く寒すぎたんで船内に戻り夕食。
揺れもほとんど感じませんでした。

船内を見回ってお風呂に入ろうと思ったら、揺れが大きいため入場制限( ̄□ ̄;)!!
およそ2時間後の午前0時を回った頃に、制限解除のアナウンスが流れ入浴タイム。

時間も遅いためか、自分含め3人しか居ませんでした。
入浴してる際に、ちょっと笑ってしまったのが、船が舵を切る度合いが大きいと、お湯が思いっきり零れて洗面器が流されててしまった事ですかね( ´艸`)

風呂も無事に入れて就寝。

6時頃に目が覚め、ちょうど明石海峡大橋を通過する時間やったので、カメラを持って甲板に。
何人かの乗客がおり見物していました。

IMG_0546_convert_20110404225127.jpg
ちょうど日の出が昇ってくる頃合いです。
けど、橋の真下に来た時に太陽が見えてしまいました( ̄▽ ̄;)

IMG_0607_convert_20110405232618.jpg
真正面から見ると、湾曲してるのがよく分りますね。

IMG_0584_convert_20110405232513.jpg
淡路島側

IMG_0602_convert_20110405232346.jpg
神戸市側
漁船が多数出てますね。
タコとか鯛捕ってるんですしょうか(^∇^)

IMG_0626_convert_20110405233006.jpg

IMG_0615_convert_20110405232828.jpg

明石海峡大橋通過して、約1時間で大阪南港に到着。
これで、九州旅行はこれで終了です。
次に九州行く機会はあるのだろうか(∇)


次回からは、また鉄道関連に戻りまーす。

スポンサーサイト
タグ :

九州旅行(観光地編)その3

 2011-04-03
九州の観光地編3日目です。

今日で九州に居るのも最後で、阿蘇、別府地区を観光してきました。

ホテルから阿蘇五岳が見れると聞いたのでデッキに出て見物。

IMG_0234_convert_20110403165711.jpg
IMG_0228_convert_20110403172846.jpg
上が阿蘇五岳で、下が案内図になってます。
左の山から、杵島岳(きじまだけ)、烏帽子岳(えぼしだけ)、中岳(なかだけ)、高岳(たかだけ)、根子岳(ねこだけ)に並んでます。

朝食を食べホテルを後にし、阿蘇山西火口に見物してきました。

IMG_0252_convert_20110403165836.jpg
こちらは活火山の様子です。
煙と風の影響で全体の様子を、収めるのは難しかったです。
(風向きや火山ガスの影響で見学範囲が規制されたり、登山出来ない場合があります。)

IMG_0264_convert_20110403165950.jpg
こちらは活火山が停止したカルデラです。
赤土や黒土が目立ち、カルデラの内側が分かりますね。

周りを見学してロープウエイで下山し、別府市の地獄めぐりをする為移動。
3時間くらいかかりました(;´▽`
IMG_0462_convert_20110403172350.jpg

別府の疑獄は「海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、鬼山地獄、白池地獄、血の池地獄、龍巻地獄」
の8ヵ所あり、様々な容姿が見学できます。
(一部箇所を省き、地獄めぐりを書きます。)

IMG_0299_convert_20110403170551.jpg
こちらは「海地獄」です。
国指定名勝にもなっており、別府地獄の中で最大です。
コバルトブルーの色をしており、とても綺麗でした。

IMG_0331_convert_20110403170745.jpg
別名「坊主地獄」と呼ばれており、灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事から名づけられました。

血の池地獄、龍巻地獄は、ほかの地獄と離れており、車移動になります。

IMG_0373_convert_20110403171035.jpg
こちらは「血の池地獄」で、日本で一番古い天然の地獄でもあり国指定名勝になっています。
地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出し、堆積するため池一面が赤く染まります。

自分が訪れた時は、赤色と無色で分かれていて、一面真っ赤にはなっていなかったのが残念でした。
けど、やっぱ不思議ですね。
こうも綺麗に2色に分かれるなんて!

IMG_0393_convert_20110403171812.jpg
こちらは「龍巻地獄」です。
こちらも国指定名勝になっており、別府市の天然記念物にも指定される間欠泉です。
熱水は石屋根で止められていて3~4mくらいですが、50mほど噴き出す勢いがあるそうです。
また、ここは噴出する周期が短くすぐに見られる点でも人気みたいです。

閉門時間までおり、なんとか全て見て回る事が出来ました。
1日あればゆっくり回る事もできますが、15時頃に到着し17時に閉門は駆け込みみたいな感じでしたねσ(^_^;)

このあとは、別府国際観光港に行きフェリーで大阪に帰阪です。
楽しい時間って、あっという間に過ぎてしまうもんですね。

タグ :

九州旅行(観光地編)その2

 2011-04-02
九州の観光地編2日目です。

今回は、高千穂地区への観光をしてきたのでそちらを書きたいと思います。

朝方に撮影を終え、朝食を取ってから宮崎市を後にし、九州に在住の親戚の人に挨拶をしてから向かいました。
高千穂峡に行く前に、親戚の人から教えていただいた「天岩戸神社」の方に見学しに行ってきました。

IMG_0133_convert_20110402165653.jpg
宮崎県の高千穂町にある天照大御神が隠れたという天岩戸が祭られた事から天岩戸神社となったみたいです。
ここは天照大御神を岩戸から出す計画を立てるため神々が集まった天安河原という、大きな横穴の洞窟に鳥居が立てられた不思議な場所だと言われています。

今回は横穴の洞窟には時間が押していた為、見学できなかったのが残念です。

IMG_0144_convert_20110402170053.jpg
鳥居が立っている側が、入り口になっています。

ここはこれだけ見学し、車を走らせて高千穂峡へ。

IMG_0149_convert_20110402170200.jpg
阿蘇火山活動の影響で、噴出した溶岩流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出して急激に冷却された侵食して出来た谷だと言われています。(一部サイトから引用)
雑誌ではよく見た事ある景色でしたが、実際にマジかで見ると驚きが出て、溶岩流の影響でこのような谷が出来るのは凄いと感じました。

IMG_0163_convert_20110402170245.jpg
こちらの画像は、上の写真奥に映ってる橋の上から撮影した物です。
先ほど見た正面からの景色とは、また違った雰囲気を出していると思います。

IMG_0171_convert_20110402173954.jpg
上の写真からもう少し先に進んだ所にある場所です。
今回、この区間は遊歩道補強工事がしており、見学出来なかった為車での移動になりました。
石造りの石橋と侵食谷が、マッチしていてイイ雰囲気を出していますね。

IMG_0197_convert_20110402170851.jpg
こちらは、フツーの川の流れを撮影したものです。
流動感があって綺麗ですね。
ちなみに、PCのトップ画面がこれですw

本日の観光はこれで終了。
車を数時間走らせ、阿蘇地区のホテルに宿泊しました。

次の日記で九州観光は終わりで、阿蘇山活火山口、別府市の地獄めぐりを書きたいと思います。
タグ :

九州旅行(観光地編)その1

 2011-04-01
今日からは、九州の観光地を書いていきまーす。
色んな所を回って多いので、いくつかに分けていきたいと思います。

九州へはフェリーで行く予定でしたが、地震で太平洋沿岸に警報発令が出ていた為、船が欠航し12日午後には大阪を出発し、高速道路を使い13日朝方に九州の宮崎に到着。


午前中には日南市に入り曾祖母の墓参りを済ませて、宮崎市内に向かう途中に鵜戸神社と日南海岸国定公園、青島神社を回ってきました。

1ヵ所目は鵜戸神社です。

IMG_9841_convert_20110331220344.jpg
ここは、宮崎県南では屈指の神社であり、海岸の断崖の海蝕洞の中に本殿が建つという珍しさでよく知られているみたいで、日南海岸の観光地のひとつとして観光客が訪れるのも多いそうです。

IMG_9836_convert_20110331220735.jpg
上写真の付近にあった「神犬石」です。
奥の石が犬の形に似ていることから名づけられたとの事です。

続いて本殿です。

IMG_9856_convert_20110331220923.jpg
ここは先程も言った通り、海蝕洞の中にあり神秘的な感じがします。

もう一つ有名なのが、亀の形をした亀石桝形岩です。

IMG_9870_convert_20110331221037.jpg
亀石桝形岩の背の部分には、注連縄で囲まれた桝形の窪みがあり、それをめがけて「運玉」を投げ入れ、見事に中に入るか当たれば願い事が叶うと言われてます(≧▽≦)

2つ目の観光地は、国定公園にも指定されている日南海岸です。
鬼の洗濯岩とも呼ばれており、昔の日本人は大きくてグロテスクなものには「鬼」をイメージしており、岩の形が昔使っていた洗濯板ににてる事から「鬼の洗濯岩」と呼ばれるようになったことです。
IMG_9902_convert_20110331221220.jpg

IMG_9877_convert_20110331221357.jpg

IMG_9922_convert_20110331221430.jpg
フェニックスの木があって雰囲気を出していますね。
県の木にも指定されてるみたいです。

この日最後に寄ったのが青島神社です。

IMG_9942_convert_20110331221514.jpg
彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)が海宮から帰る時の住居の跡地として三神を祀りしたと伝えられているそうです。
ここも青島周辺は、鬼の洗濯岩に囲まれている島です。

また本殿には、読売巨人軍の選手たちの絵馬も飾れており一般の人でも見れる形でした。
ファンの方なら一度は見てみたい場所でしょうね。

IMG_9945_convert_20110331221557.jpg
陸地から橋を渡り、写真にも写っている鳥居をくぐり本殿に向かいます。
天気が悪いのが残念ですね・・・

IMG_9930_convert_20110331221639.jpg
橋の上からの、鬼の洗濯岩です。
規則正しく線が出来ていて、ゴツゴツした岩が転がっています。


今日の観光はこれで終わり、ホテルにチェックインして夕飯食べて、南宮崎駅でのバルブして1日が終わっていきました。
次の日記は、高千穂へ行ったのでそちらの方を書きたいと思います。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。